CAN/LIN通信モニターツール CanLine-1

概要

CanLine-1は車載用ネットワークであるCAN/LIN通信をUSB経由でパソコンやタブレットに取込み、付属のソフトウェアでモニターやロギングを可能にする小型で低価格なツールです。

シグナル設定を行うことで物理値でのモニター、グラフ表示、ロギングも可能です。 また送信機能も装備されているため各ノードのシミュレーションも可能です。

仕様

外見寸法77×60.6×25.6×(W×D×H)
重量116g
電源USBバスパワー
コネクタ・Dサブ9Pinオス
・Mini-USB
USBUSB2.0
CANチャンネル数:2ch
トランシーバ:SN65HVD232D[Texas Instruments]
終端抵抗:120Ω(ソフトウェアでON/OFF制御)
プロトコル:CAN2.0A、CAN2.0B仕様に準拠
通信速度(bps):125k、250k、500k、1000k
LINチャンネル数:1ch
トランシーバ:SN65HVDA100[Texas Instruments]
プルアップ抵抗:1kΩ(ソフトウェアでON/OFF制御)
プロトコル:LIN1.3、LIN2.1仕様に準拠
通信速度(bps):2400、4800、9600、19200
対応OS Windows7/8/10

Dサブ ピンアサイン

CAN2-L
CAN1-L
GND
LIN
NC
GND
CAN1-H
CAN2-H
VB+

主な機能

モニター機能

画面左のメッセージウィンドウでフレームデータを表示します。 ID別に最新のフレームデータを表示することも可能です。 画面右で物理値でのグラフ表示をします。グラフは最大3個まで表示することができます。

CANシミュレーション機能

10個のメールBOXがあり、各行のSendボタンを押すことで、任意のタイミングでワンショットのフレームデータの送信が可能。 画面右上のInterval Startボタンを押すことで、Interval列にチェックの入った行はTime列で設定した周期で定期送信が開始される。
定期送信中は各行のUpdateボタンを押すことで、データ更新が可能である。

LINマスターシミュレーション機能

10個のメールBOXがあり、各行のSendボタンを押すことで、任意のタイミングでワンショットのフレームデータの送信が可能。 画面右上のInterval Startボタンを押すことで、Interval列にチェックの入った行はTime列で設定した周期で定期送信が開始される。 定期送信中は各行のUpdateボタンを押すことで、データ更新が可能である。
Data Frame列でMasterを選択した場合はIDとDLC列で指定したバイト数のデータフレームをマスター(本ツール)が送信する。
Data Frame列でSlaveを選択した場合は、マスター(本ツール)はIDのみを送信して、そのIDに該当するスレーブがデータフレームを送信する。

価格

55,000円(税込)

内容
・CanLine-1 本体
・USBケーブル
・モニター&シミュレーションソフトウェア

お問い合わせ

詳細についてはこちらからお問い合わせください。