CAN/LIN通信モニターツール CanLine-1

概要

CanLine-1は車載用ネットワークであるCAN/LIN通信をUSB経由でパソコンやタブレットに取込み、付属のソフトウェアでモニターやロギングを可能にする小型で低価格なツールです。

シグナル設定を行うことで物理値でのモニター、グラフ表示、ロギングも可能です。 また送信機能も装備されているため各ノードのシミュレーションも可能です。

仕様

外形寸法77×60.6×25.6×(W×D×H)
重量116g
電源USBバスパワー
コネクタ・Dサブ9Pinオス
・Mini-USB
USBUSB2.0
CANチャンネル数:2ch
トランシーバ:SN65HVD232D[Texas Instruments]
終端抵抗:120Ω(ソフトウェアでON/OFF制御)
プロトコル:CAN2.0A、CAN2.0B仕様に準拠
通信速度(bps):125k、250k、500k、1000k
LINチャンネル数:1ch
トランシーバ:SN65HVDA100[Texas Instruments]
プルアップ抵抗:1kΩ(ソフトウェアでON/OFF制御)
プロトコル:LIN1.3、LIN2.1仕様に準拠
通信速度(bps):2400、4800、9600、19200
対応OS Windows7/8/10

Dサブ ピンアサイン

CAN2-L
CAN1-L
GND
LIN
NC
GND
CAN1-H
CAN2-H
VB+

主な機能

CANモニター機能

画面左のメッセージウィンドウは上下に画面が分かれており、上側は時系列でメッセージを表示します。下側はID毎に最新のメッセージを表示します。 画面右はシグナル値(物理値)をグラフ表示をします。グラフは最大3個まで表示することが可能です。

CANシミュレーション機能

10個のメールBOXがあり各行の「Send」ボタンを押すことで任意のタイミングでの単発送信が可能です。また「Interval Start」ボタンを押すことで、指定した周期での定期送信が可能です。

LINモニター機能

画面左のメッセージウィンドウは上下に画面が分かれており、上側は時系列でメッセージを表示します。下側はID毎に最新のメッセージを表示します。 画面右はシグナル値(物理値)をグラフ表示をします。グラフは最大3個まで表示することが可能です。

LINマスターシミュレーション機能

10個のメールBOXがあり各行の「Send」ボタンを押すことで任意のタイミングでの単発送信が可能である。また「Interval Start」ボタンを押すことで、指定した周期での定期送信が可能である。DLC(データ長)に0を選択した場合、IDのみを送信して、そのIDに該当するスレーブからのレスポンス(データ部分)を受信することが可能である。

LINスレーブシミュレーション機能

スレーブモード実行中はマスターから送信されたIDに対して、レスポンス(データ部分)を送信することが可能である。メールBOXは10個あり、最大10種類のIDに対して、レスポンス(データ部分)を送信することが可能である。

価格

55,000円(税込)

内容
・CanLine-1 本体
・USBケーブル
・モニター&シミュレーションソフトウェア

デモ機無料貸し出し

本製品の導入をご検討されているお客様を対象にデモ機を無料でお貸し出しいたします。
貸出期間は2週間です。 ※貸し出し状況により、ご希望の日程に添えない場合もありますので、ご了承下さい。
下記からお問合せ下さい。

お問い合わせ

詳細についてはこちらからお問い合わせください。